転職エージェントで工場の求人を探すデメリット

自分が希望する求人に応募できないことがある

転職エージェントは専属のスタッフが転職活動をサポートしてくれるのが大きな魅力です。質の高い求人から求職者に最適な所をピックアップしてくれるので、自分では気づかなかった好条件な求人に巡り合う可能性もあります。一方で必ずしも自分が希望する求人に応募できるとは限りません。求職者がある求人に興味を抱いても転職エージェントが拒否することがあります。これは転職エージェントが求職者ではなく、求人を出している企業の希望に沿って活動しているためです。転職エージェントは企業が欲する人材を紹介する仕事なので、求職者が企業の求める優れた人材であるかどうかを判断します。もしも、求められている人材よりも能力が低いと判断された場合、応募を断るように話を進めるのは珍しくありません。

特定の業種に偏ってしまう

転職エージェントを利用するデメリットとして特定の業種に偏りやすい点が挙げられます。転職エージェントは幾つもの企業と契約して求人を提示していますが、エージェントの管理会社によって得意分野が異なるのも事実です。工場系の求人の場合、食品や工業製品、車両など特定の分野に偏るのも珍しいことではありません。その分野に関する求人は多数提示する一方、他の業種はほぼ皆無というケースもあります。スタッフによる手厚いサポートを受けられるのが転職エージェントのメリットですが、得意分野以外の業種は扱う数が非常に少ない事実は無視できません。工場系の求人を探す際は偏りのあるエージェントと複数の分野を広く浅く扱うエージェントを比較するなどの工夫が求められます。